ICELLATOR®

高能率 • 自動化 • ポイントオブケア

THE ICELLATOR®の利点

  • 間質血管細胞群(SVF)を安定した収率で分離します。
  • 複数の種類の成体幹細胞を含みます。
  • 高純度SVFを65分間以内に単離し、静脈内注入することができます(バハマ NSCECプロトコル:HEA/GB-1/OK-004)。
  • Icellator® による細胞分離は、国際的に複数の治験責任者が率いる臨床試験及びFDA承認済のIDE試験において使用されています1

特徴

  • Icellator®は最先端の酵素抽出による幹細胞単離システムです。
  • 少量の自己脂肪組織のサンプルを使用します。
  • 完全閉鎖系かつ自動的なプロセスです。
  • 一旦操作が開始されると使用者の介入が必要ありません。
  • 患者当たり一回使用した後は使い捨てとなる滅菌済のカートリッジキットです。
  • 人の過誤及び汚染のリスクを最小化します。
  • 特許取得済の精製プロセスは65分間で完了します。
  • FDAのcGMP及びISO 13485規格に基づいて製造されています。
  • 手術室、診療所及び研究室ですぐ使用することが出来ます。
脂肪吸引注入量: 30 – 60 cc 組織1cc当たりの再生細胞数: >500,0001 操作時間:65 分間以下
1Doi, K., Tanaka, S., Iida, H., Eto, H., Kato, H., Aoi, N., Kuno, S., Hirohi, T. and Yoshimura, K.(2013)、自動処理システムを使用した脂肪吸引により単離された間質血管細胞群:基礎及び臨床分析。J Tissue Eng Regen Med, 7:864–870. doi:10.1002/term.1478

国際的な商業用使用

  • Icellator® は、韓国の食品薬品安全省(MFDS)から 商業的使用のためのクラス I の登録を取得しています。Icellatorカートリッジキットは韓国のMFDSから商業的使用のためのクラス III の承認を取得しています。
  • バハマ及びウクライナにおいて臨床使用が承認されています。
  • 米国では、Icellator® システムを使用したFDA承認済のIDE臨床試験が様々な適応症について実施中です。

機器の操作

  • Icellator® は臨床従事者に簡単に使えるように最大限シンプルに設計されています。

インターフェイス

  • リアルタイムで検査状況のフィードバック及び「残り時間」がパネルに表示されます。
  • 使用者に対して視聴覚的な警告を行う能力を備えた自己点検及び診断機能を有する全自動システムです。

システム仕様

インプット電圧:100-240 V

電流:6.3A 最大

周波数:50-60 Hz

寸法

幅:26インチ(66 cm)

高さ:23.5インチ(60 cm)

奥行き:21インチ(54 cm)

重量:118 ポンド/54 kg

IcellatorÒ のシャシーは、30インチのカートに納まります。

より詳細な情報については、以下にご連絡ください

電子メール:innfo@tissuegenesis.com

電話番号:(808) 772-5525