Marc S. Penn, M.D., Ph.D., FACC

Marc S. Penn, M.D., Ph.D., FACC

最高経営責任者、最高医療責任者、理事会の構成員

Marc Penn博士は、Tissue Genesis社の医療研究を指導しています。また、Black Beret Life Sciences社の最高経営責任者を務め、Bosarge家族事務所のライフサイエンス関連投資ならびに再生医療、抗加齢及び免疫療法の分野におけるポートフォリオ会社の幹部チームの監督及び管理を担当しています。

Anton C. Krucky

Anton C. Krucky

理事会の構成員

Anton Krucky氏は、Tissue Genesis社の創業から17年間にわたって最高経営責任者兼社長を務めました。その間に、同社を再生医療分野で一目置かれる進歩的なリーダーへと成長させました。現在は理事会の構成員を務めています。Krucky氏は、以前はIBMの幹部としてIBM太平洋地域における業務の総支配人を務めていました。同氏は、製品開発、マーケティング、及び営業販売の分野における国際的な管理及び経営幹部としての広範な経験を有しています。

Ben Chlebina、MBA

Ben Chlebina、MBA

ゼネラルマネージャー

Tissue Genesis社のゼネラルマネージャーを務めるBen Chlebina氏は、成長率と企業価値の最大化を目指し、同社の経営における運用、戦略計画、財務、マーケティングに関する取り組みをマネジメントしています。

Stuart K. Williams, Ph.D.

Stuart K. Williams, Ph.D.

最高技術責任者

国際的に高く評価されている血管生物学及び組織工学の専門家であるStuart Williams博士は、 内皮細胞分離技術の先達の一人です。同博士は、ヒト幹細胞を脂肪組織から単離する技術の開発及び特許取得の功績が認められています。

Paul Kosnik, Ph.D.

Paul Kosnik, Ph.D.

臨床開発担当副社長

Paul Kosnik博士は、業務開発及び治験実施施設及び医療専門家との連絡を管理する責任を有しています。同博士は、同時に、連邦政府からの資金によりTissue Gensis社において実施している重症虚血肢の治験責任者でもあります。

。

製品管理ディレクター

Rolf Wolters博士は、Tissue Genesis社において製品開発及び製品管理に責任を負っています。同博士は、また、国防省のために実施している高度細胞単離技術の第 II 相 SBIR(NIMBUSプロジェクト)の治験責任者を務めています。

Cristine Kosnik, M.S., CQA

Cristine Kosnik, M.S., CQA

品質保証担当ディレクター

Cristine Kosnik氏は、Tissue Genesissha社において品質保証担当のディレクターを務め、設計コントロール、文書化、是正及び予防措置、顧客からのフィードバック、製造、及び検証に責任を有しています。

Mike Winegar

Mike Winegar

規制業務担当ディレクター

Mike Winegar氏は、国際的な医療機器の規制業務、規制遵守、品質保証及び臨床研究、中でも特に神経血管、心血管、末梢血管に係る技術分野において30年間を超える経験を有しています。Winegar氏は、Tissue Genesis社の規制業務活動の指導を担当しています。