SVF 前臨床試験

「機械的対酵素的に脂肪組織対他の成体幹細胞から分離した間質血管細胞群の比較」 

出典:Aronowitz JA, Lockhart RA, Hakakian CS.機械的対酵素的に脂肪組織から単離した間質血管細胞群の比較:SpringerPlus 2015;4:713.

要約:タンパク分解酵素により細胞外基質を分解することは、分離プロセスの効率を非常に高めます。機械的な方法によるSVFの単離は、同様に安全、低価格、短時間に行うことができます。しかし、その製品には血液単核球が多く、前駆細胞が少ないです。

「ヒトの脂肪組織及び骨髄からの多分化細胞の比較」

出典:De Ugarte DA, Morizono K, Elbarbary A, ら。ヒトの脂肪組織及び骨髄からの多分化細胞の比較Cells, tissues, organs 2003;174:101-9.

要約:幹細胞のホーミング又は動員を統御する機能を有することが知られる接着因子の発現は、これら2通りの方法で調整された細胞の間では異なります。ADSC はCD48d (4-インテグリン、これはCD29とともにヘテロニ量体を構成し、最晩期抗原-4(VLA-4)、血管細胞接着分子ー1の主要な同族リガンド( [VCAM-1]–CD106 リガンド)を形成します)を発現し、一方骨髄由来の細胞では発現しません。同様に、ADSCは高レベルのCD54(細胞間接着分子-1 [ICAM-1])を発現し、一方 BMMSCは、 この分子の発現が非常に低いです。これらの接着因子とそれらのリガンドとの間の相互関係が幹細胞の移動統御に重要な役割を果たすことから、この観察は重要です。

「脂肪組織由来の複能性間質細胞は、骨髄由来のものより高度の免疫調節機能を有しています」

出典:Melief SM, Zwaginga JJ, Fibbe WE, Roelofs H. 複能性間質細胞は、骨髄由来のものより高度の免疫調節機能を有する。Stem cells translational medicine 2013;2:455-63.

要約:サイトカイン分泌の違いが脂肪由来のSVFが骨髄由来のMSCより免疫調節機能が高い原因となります。従って、より少ない数の脂肪由来SVFが同等のレベルの免疫調節機能を喚起します。幹細胞のホーミング又は動員を統御する機能を有することが知られる接着因子の発現は、これら2通りの方法で調整された細胞の間では異なります。

自己対同種

「簡潔なレビュー:治験における脂肪由来細胞療法の安全性評価:報告された有害事象の体系的なレビュー」 

出典:Toyserkani NM, Jorgensen MG, Tabatabaeifar S, Jensen CH, Sheikh SP, Sorensen JA.Concise Review:治験における脂肪由来細胞療法の安全性評価:報告された有害事象の体系的なレビューStem cells translational medicine 2017;6:1786-94.

要約:同種のSVFの安全性、特に、免疫原性が問われています。患者の19-34%にHLA クラスIの抗体が発現し、その結果、以降の治療リスクを高める様です。

SVF細胞の構成

「機械的対酵素的に脂肪組織対他の成体幹細胞から分離した間質血管細胞群の比較」 

出典:Aronowitz JA, Lockhart RA, Hakakian CS.機械的対酵素的に脂肪組織から単離した間質血管細胞群の比較:SpringerPlus 2015;4:713.

要約:タンパク分解酵素により細胞外基質を分解することは、分離プロセスの効率を非常に高めます。機械的な方法によるSVFの単離は、同様に安全、低価格、短時間に行うことができます。しかし、その製品には血液単核球が多く、前駆細胞が少ないです。

ICELLATOR® 又は ADIPASE®を使用した出版物

「自動処理システムを使用した脂肪吸引により単離された間質血管細胞群:基礎及び臨床分析」

出典:Doi K, Tanaka S, Iida H、ら。自動処理システムを使用した脂肪吸引により単離された間質血管細胞群:基礎及び臨床分析J Tissue Eng Regen Med 2013;7:864-70.

要約:脂肪由来の幹細胞/前駆細胞(ADSC)を含む異質なSVFを、吸引脂肪組織の酵素消化により容易に単離することができます。しかしながら、臨床医療の場では、標準操作手順書に従った技術的な手順に厳格にコントロールされ、細胞処理の条件の認証が義務付けられます。従って、私たちは脂肪組織からSVFを単離する自動化システムの効率性及び信頼性を評価しました。自動化手順により単離された新鮮なSVF細胞は、手動により単離されたものと同等の数及び生存率を示しました。

「再生目的で臨床グレードの間質血管細胞群を手術中に単離する手順の比較:系統的なレビュー」

出典:van Dongen JA, Tuin AJ, Spiekman M, Jansma J, van der Lei B, Harmsen MC. 再生目的で臨床グレードの間質血管細胞群を手術中に単離する手順の比較:系統的なレビュー。J Tissue Eng Regen Med 2017.

要約:手術中に脂肪組織のSVFを応用するためには、脂肪組織の迅速かつ効率的な単離が必要となります。このレビューは、現在手術中にまだ細胞外基質を含んでいる脂肪由来SVF(cSVF)及び組織由来SVF(tSVF)を単離するために使用されている手順を体系的に分析し比較するために行われました。手術中に実施する単離の手順は、非手術中に行う比較群よりも短時間で済みます。手術中に実施する単離の手順は、比較群である非手術中に行う場合の手順に比較して短時間で、同様な細胞の収率、細胞の生存率及びSVFの構成成分を獲得できるため、診療所での使用により適切です。それにも拘わらず、SVFの単離手順として適切であると指定された手術中の単離手順はありませんでした。

「ポイントオブケアにおける脂肪由来間質血管細胞群の単離及び拡張されたポリテトラフルオロエチレン製の組織移植」

出典:Stuart K. Williams, PhD, Marvin E. Morris, MD, Paul E. Kosnik, PhD, Kevin D. Lye, MD, Gary D. Gentzkow, MD, Charles B. Ross, MD, Amit J. Dwevidi, MD, and Leigh B. Kleinert.ポイントオブケアにおける脂肪由来間質血管細胞群の単離及び拡張されたポリテトラフルオロエチレン製の組織の移植。TISSUE ENGINEERING:Part C Vol. 23, Number 8, 2017.

要約:脂肪由来SVF細胞群は、数多くの臨床医療の場で評価されています。この研究は、ポイントオブケア技術、Tissue Genesis社の「TG 1000」細胞単離システムにより自動化された脂肪由来SVF細胞の単離を行うことにより、手術室の中で組織工学的な人工血管の生成に対する使用可能性を評価したものです。結論として、この「TG 1000」は、手術室内において手術中の移植に十分な数の細胞を供給することができました。

Tissue Genesissha社に関する臨床出版物の情報については、次のサイトにアクセスしてください:

https://okyanos.com/cell-therapy-clinical-research/